【vi-vo(ビーボ)】メルレアプリは安全か危険か本当の評判は?

vi-vo(ビーボ)は安全か危険か本当の評判は?

はるか(管理人)
今回は、メールレディアプリ「vi-vo(ビーボ)」の安全性について記事にしました
「vi-vo(ビーボ)」は安全か危険か私なりの調査をまとめました。

1.メルレアプリ【vi-vo(ビーボ)】は本当に安全?

【vi-vo(ビーボ)】は安全?危険?
・ブログでもよく紹介されている
・評判が気になる人が多い
・結論から言うと【安全性はかなり高い】

メルレアプリ【vi-vo(ビーボ)】は、口コミや評判など気になる人が多く、他のブログやSNSでもよく紹介されています。

vi-vo(ビーボ)は安全なのか危険なのかは、結論から言うと、【vi-vo(ビーボ)】の安全性はかなり高いです。

2.【vi-vo(ビーボ)】が安全な理由

ビーボはなぜ安全なの?
・ポケットワークが運営
・10年以上の実績と信頼
・スタッフの評判も良い

vi-vo(ビーボ)は「株式会社エムジー」という会社が運営してます。

「エムジー」は、ライブチャットの代理店「ポケットワーク」も運営中です。

運営が10年以上と長く、全国各地に8つの営業所がある大手企業。女性スタッフが多く、24時間体制でのサポートがあるので安心できます。

女性がしっかりと稼げるように、スタッフが親身になってアドバイスをくれるので評判も良く人気。男性、女性会員数ともに、年々増加傾向にあるので、ユーザーからも信頼されています。

【vi-vo(ビーボ)】は信頼と実績を兼ね備えた、ポケットワークも運営している会社なので、安全性が高くおすすめです。

3.検索するといっぱい出てきて怪しい

メルレは安全な仕事?
・検索するといっぱいでる
・SNSでもよくみる
・何か怪しい詐欺?

ビーボで調べるとブログやSNSでたくさん情報がでてきます。これはビーボを紹介して登録してもらうと、お金が貰える「アフィリエイト」目的がほとんど。

あからさまに、グイグイ宣伝する人もいるので、逆に怪しく見えてしまうかもしれませんが、ビーボ自体は怪しくも詐欺でもありません。

困ったことがあれば、すぐにスタッフさんが対応してくれる、良心的で安心できる安全なアプリです。

4.興味はあるけど何か怖い

ビーボに興味はあるけど何か怖い
・何か怖い
・すぐ退会できる?
・個人情報悪用されない?

お仕事はメールだけなので、実際に男性と合ったり映像通話をするわけではないので安全です。チャットレディに比べたら、メールレディの方がハードルは低いと思います。

ビーボは大手企業が運営しているので、もし何かあったら話題になりニュースになります。今のところトラブルがあった話は、聞いたことがありません。

また、ビーボは24時間365日、スタッフが対応してくれるので、申請すれば、すぐに退会できます。まずは、気軽にやってみて、ダメだったら退会すると良いかと思います。

5.ビーボは初心者が稼ぎやすい仕組み

ビーボは初心者が稼ぎやすい
・新規登録でボーナスあり
・新人期間中は稼ぎやすい
・初心者が稼げる仕組み

ビーボは、初心者が稼ぎやすい仕組みになっています。新規で登録すると、しばらくは新人期間となり、男性も通常より安いポイントでメールが送れます。

なので新人期間中は、男性とのメールのやり取りが発生しやすく稼ぎやすいです。新人の間にたくさん稼ぎましょう。

また、【新規登録ボーナス】もあり、ミッションを達成することで、最大5,000円貰えるボーナスもあります。ミッションの内容は、時期により異なりますが、男性に100通メールを送ったり、100通受信する等があります。

達成するとボーナスが貰えるので、積極的に狙っていくのがおすすめです。

6.メールのみでも月3万は狙える

メルレのやり取り

・メールの受信が32円と高い
・月に3万は十分狙える
・LINEみたいなやり取り

ビーボが人気の理由の1つに、メールの受信が32円と、この業界で報酬が高くなっています。メールといっても、LINEみたいなやり取りなので、返信もきやすいです。

例えば3人の男性に、1日に約10通メッセージのやり取りを行うだけで、約1,000円の報酬になります。これを1ヶ月行えば、約3万円ほどの稼ぎとなります。

さらに、メールのやりとりもLINE感覚で行えるため、固定のお客さんが出来ればラリーをしやすく稼ぎやすい。

ビーボに慣れてきたら、他のメルレアプリと掛け持ちすることでも効率もあがり、さらに稼ぎやすくなります。

7.【まとめ】ビーボは安全に稼げるので人気

・業界の中でも単価が高くて人気。
・10年以上の実績があるので安全。
・メルレ初心者でも稼ぎやすい仕組み

登録も無料なので、まずはお試しで始めてみるのはいかがでしょうか。

© 2021 はるとりっち